パパ活の最大の副作用 ”太る”

パパ活の最大のデメリットは「太る」ことだと思います。

パパ活はパパとお食事をするわけですから、当たり前のように外食が増え太ります(笑)

特に大人の関係なしお食事専門だとより太ります。

せっかくだから自分では食べられないものをと思ってお寿司ばっかりごちそうになると尚更太ります。

ランチ、ディナー、お茶×2で1日4件も入れるともはや食い倒れ状態です。

お茶なら喫茶店でコーヒーか紅茶をノンシュガーで飲めば太らないはずですが、メニューを見るとどうしてもケーキか焼き菓子も欲しくなる性分です。なるべく我慢していますがたまに自分を甘やかしてしまいます…😢

ランチ、ディナーでも出された料理を残すのはもったいないですし何よりパパや周囲に食べ方が汚いと思われます。一緒に食事をしていて不快に思われるようではお食事パパ活女子を名乗るわけにはいきません。

とはいえ、太ってしまうとパパ活の土俵にすら立てませんよね(;^ω^)

 

というわけでパパ活太り防止のテクニックをまとめます。

あくまで理想であって、100%守るのは厳しいですが覚えておいて損はないでしょう。


パパ活での食事内容を考える

パパが何を食べたいか聞いてくれる場合は、太りにくいものをチョイスするのが一番です。

糖質制限で考える場合は、焼肉かしゃぶしゃぶ、焼き鳥です。

お肉と野菜をひたすら食べます。キムチとか糖質が多いサイドメニューは食べません。タレは砂糖がたっぷり入っているので、なるべく塩味でしゃぶしゃぶはゴマダレを使わずポン酢で。

お酒を飲める人なら居酒屋的なお店でハイボールや水割り+低糖質おつまみがいいですよね。私は普段はハイボールを飲むのですが、パパ活では(本命パパを除く)禁酒しています。

流石に焼肉、しゃぶしゃぶ、焼き鳥だけをローテーションというわけにはいかないので、糖質制限を妥協しないといけない場面は出てきます。

糖質を摂るのであれば、脂質を制限するのがダイエットの基本です。

つまり、うどん、そば、和食(天ぷら・寿司を除く)です。

天ぷらをつけて天そばにしたいところですが我慢します(笑)

お寿司は脂質は少ないとはいえ、糖質が多すぎるので危険です。にぎりではなく刺身メインでお酒を飲むならいいと思います。

 

パパ活の食事の小ワザ

食べる時間帯によって太りやすい・太りにくい時間帯があるのをご存知でしょうか?

BMAL1というタンパク質があります。時計遺伝子とも言われ毎日時間帯によって体内の量が変化しています。このBMAL1は食べたもののエネルギーを脂肪に変えて蓄える作用のものです。これが最も少ないのが14時で18時以降に急激に増加し深夜にピークを迎えます。ざっくり言うと、14時が最も太りにくく18時以降が太りやすいということになります。

要するに、糖質を含むランチで摂取したエネルギーのピークが14時になるように、13時半頃にランチをするようにすればよいわけです。ディナーは18時以降のなるべく早い時間に摂るようにするのが最適です。

また、糖質を摂るならディナーよりランチの方がマシということになります。

 

他にも食べる順番(野菜⇒肉・魚⇒主食の順に食べると良い)ダイエットテクニックは有効なのですが、和食ではマナー違反「片付け食い」にあたりますのでやめましょう。洋食のコース料理なら提供された順番どおりでだいたい正解なので大して気にしなくいて大丈夫です。

一口で含む量を少なくして咀嚼回数を増やすダイエットテクニックもパパ活では使えません。これだと食べるペースがかなり遅くなります。パパのペースに合わせるぐらいの気遣いをしましょう。そもそもずっと噛んでたら話も弾みません。地雷女認定されます。糖質制限地雷女とかいうパワーワードを流行らせないでください(笑)

食前食後に水をがぶがぶ飲むダイエットテクニックはなんとか実践できます。カバンの中にミネラルウォーターを用意しておいてお手洗いに行って飲みます。お店で提供された水をがぶがぶ飲んであまつさえおかわりまでするのはやめましょう。地雷女になってしまいます。

 

そもそも食事の絶対量を減らすのが最大のダイエットです。

パパに小食だと言っておくのが良いでしょう。

コース料理などの予約の際に量を少なめにするように配慮してくれたりします。

 


パパ活中以外で気を付けること

パパ活で外食が増えると太るだけじゃなくてむくみますよね。

外食は塩分量が多いのが原因です。

よく水を飲み湯舟に入ったり有酸素運動をして汗を流すようにしましょう。

普段の食事は薄味で高たんぱく低糖質を心掛けます。

外食で食べすぎた場合は他を減らして調整か有酸素運動で消費するしかないです。

有酸素運動というとウォーキングが一番お手軽です。背筋を伸ばして競歩よろしくの早歩きで30分以上歩きます。

ロードバイクもやってみたいのですが、自分で買ってまではやりたくないのでプレゼント待ちです💛

パパ活を始める時点で日頃から筋肉量を増やして代謝をアップしておくのも手です。

 

 

 

パパ活用にサブスマホを購入

 

パパ活をしていく上で連絡先交換は必須なわけです。

LINEだと友達や仕事関係とごっちゃになってしまうのが不便だし見られたら嫌だなと気になっていました。

LINEは交換せずカカオトークを使う人も多いみたいですが、それだと明らかにパパ活用のツールとしているのがありあり分かって興ざめです。警戒しているのが明らかですからね。

LINE@を使う人もいますが、相手もLINE@だと交換ができない問題と、友達数が相手に見えてしまう、業者臭くなるなどデメリットの塊です。

 

スマホを2台持ちにすることですべて解決しました。

パパ活用に安いSIMフリー端末を買いました。

通話SIMも買ったのでパパ活専用電話番号が取得できました。これで電話番号を気軽に教えても平気です。

 

ZenFone 4 Max(ZC520KL) です。

実売2万円です。

ZenFone 4 Maxの強み・特徴は

  • 指紋認証がある
  • 将来的にツインアプリが使える
  • DSDS機能がある
  • 画面が大きめ5.2インチ
  • 電池容量が大きく他の端末に電力供給することもできる

パパ活中にすきを見てスマホをいじくられる可能性も否定できないので指紋認証はほしい機能です。

そして最大のメリットはツインアプリですが、ツインアプリを使用する前提となる、DSDS機能があります。

これは端的に言えばSIMを2枚挿して使い分けることができる機能です。

1枚を通話SIMにしてもう1枚をLINEモバイルのデータSIMにすれば、LINEなどとSNSのデータ通信量が無制限のデーターフリープランがあるので通信料を節約できます。

 

ツインアプリは、Zenfoneの最新機種やHUAWEIの上位機種で使える機能です。

端的に言ってしまえばLINEのアプリを2つインストールし、それぞれ別のアカウントで運用できるという驚きの機能です。

現状のZenFone 4 Maxでは使えないのですが、メーカーに問い合わせたところ、将来的にUIのアップデートで使えるようになるとのことです。

 

まず下記リンクよりツインアプリの機能と使用方法をご確認ください。
https://www.asus.com/jp/support/FAQ/1032388/

そして、非常に心苦しい限りでございますが、ツインアプリは最新のZenUI 4.0に搭載されている機能でございます。
ZenFone4 Max (ZC520KL)製品は対応していない現状であり、後日のFOTAアップデートによりZenUI 4.0を搭載予定でございます。

なお、FOTAアップデートがございましたら、ASUSホームページのニュースリリースより
最新情報を公開いたしますので、ご注目いただければ幸いです。
https://www.asus.com/jp/News/phone/

 

今のところツインアプリを使う気はないのですが将来的に使えたらよいと思うのでZenfone4 Maxがベストな機種選定でした。

 

そしてLINEをSIMフリー端末で使う上で問題となるのが年齢認証です。

3大キャリアのSIMでないと年齢認証ができないのですが、LINEモバイルのSIMを使えば例外的に年齢認証ができるのです。

LINEの年齢認証をしないとIDでの連絡先追加ができなくなる機能制限を受けます。ただし、QRコードやふるふるなど対面している状態であれば問題なく友達追加ができます。

なので、そもそも年齢認証をしないまま使用して、会っていないうちはLINE交換をしないというスタンスで活動するならば年齢認証にこだわる必要はないでしょう。

 

ちなみに、ASUSのカメラアプリはシャッター音が鳴らないようにできる(デフォルトでそうなっている)ので、無音カメラなどのアプリをインストールしなくても良いのもお気に入りポイントです。

 

Zenfone4-max

 

まとめ

  • ASUS ZenFone 4 Maxで現在ツインアプリ機能は使えないが将来的に使えるようになる。
  • ツインアプリはLINEのアカウントを2つ使い分けられる。
  • LINEは年齢認証しなくてもパパ活可能。年齢認証をしたいならLINEモバイルのSIMを買う。
  • ZenFone 4 Maxは実売2万円で電池大容量でコスパ良好