パパ活でプレゼントをもらう最適戦略

パパ活でお手当だけでなくプレゼントも期待するパパ活女子は多いと思います。ネットではブランド品を買ってもらったりしている報告が見られます。ちなみに、私も多少もらっています。

ただ、プレゼントに重きを置きすぎると総量的に失敗する可能性が高いと思うのです。

(男性目線で)パパ活サイトでパパ活女子のプロフィールを見ていると、プレゼントをもらいたいのがありあり分かるパパ活女子をよく見かけます。「ショッピング」という言葉が入っているパターンです。

パパ活女子の欲しいものを買ってもらいたい気持ちはよく分かりますが、そもそも男性にとっては女子のショッピングは面倒だと感じる人が多く、お会計がいくらになるか分からないリスクがあります。聡明なパパなら最初からショッピングに行きたがるパパ活女子を避けるのが一般的です。つまり、ショッピングを露骨に狙うことは、(良質な)パパとの出会い自体を狭める結果に陥り、トータルで損をします。

 

パパ活初回・顔合わせまでのポイント

最初はショッピングやプレゼントを求めない。

 


さて、パパと数回デートしている状態にあるとして、そこからプレゼントをもらえるようになるにはどうすればいいでしょうか。

コストがかかる面倒なパパ活女子だと思われれば関係を切られてしまうリスクがあります。

最もこのリスクを抑える方法は、パパに自分が「高価なものを要求してこない」「退屈なショッピングに付き合わせない」ことを理解してもらうことです。

予備段階として、最初は高価なものをあまり身につけないのがコツです。1~2万のネックレスをお気に入りの一張羅として話の中で紹介しておけば良い伏線になります。もちろん、TPOをわきまえてデート場所にふさわしい範囲でやります。また、優柔不断ではなく買い物は早いタイプだと言っておくのが良いでしょう。

そして大事なのが自分からは要求しないことです。パパから自発的にプレゼントをするようになるのが理想です。

切り口は2通りあります。どちらもキーワードはお返しです。

1つはパパの買い物にあなたが付き合うこと。そうすればお返しにあなたの買い物にも付き合ってくれます。ただ、前提条件としてそこそこショッピングが好きなパパであって、パパが欲しいものに関してあなたが無知すぎないことです。例えばゴルフ用品を買いに行くのに、ゴルフ未経験者が付き合ったところで何の意味もありません。そういう場合は大人しく諦めて、あなたが付き合うことでパパの買い物にプラスに作用できる場合だけチャレンジします。

もう1つがこちらからプレゼントをあげることです。高額なものはダメです。お金をかけるのは損失ですしパパとしてもお手当を使いすぎるのはクエスチョンマークでしょう。手作りのお菓子か、1000円ぐらいの焼き菓子が良いでしょう。なるべく量は少ない方がいいです。3回目以降ぐらいであげます。その場で食べるように勧めてはいけません。別れ際に、「いつもありがとうございます💛」と言って渡しましょう。甘いものが苦手なパパの場合はやりにくいです。

お菓子が2万円に化けるようになります。

 

パパ活序盤のポイント

パパの買い物に興味を持つ

お菓子をプレゼントする

 


次の目標は、プレゼントの価格を上げることです。

プレゼントしてもらったアクセサリーを使いつつ、服を含めて身に着けるものを徐々に高価なものにしていきます。

普段よりいい飲食店に食事に行くときがチャンスです。普段より高価なジュエリーを身に着けてデートに行きます。5万円ぐらいのダイヤのシンプルなものが良いと思います。

そのジュエリーの話になったら、あなたが他のパパと会っていても(露骨には)嫌な顔をしないパパであれば、他のパパにプレゼントされたと言うのが良いでしょう。パパの競争心に火がついてくれれば大成功です。最近会うようになったばかりの人だと説明しておけば軽く危機感を煽れるかもしれません。

他のパパと会うのを露骨に嫌うパパの場合は、元カレに誕生日にもらったものだと言っておきましょう。あまりいい思い出のあるものではないけれども、良いレストランに行くので引っ張り出してきたと説明しましょう。忘れさせてくれるのを期待して。

プレゼントのグレードアップを狙いすぎると、パパがふと冷静になった時にコストを考え出して気持ちが冷めてしまう可能性があります。お手当や関係性の面で不満がないパパならリスクを取って無理に攻める必要はないかもしれません。最悪、切れてもいい程度のパパにだけ仕掛けるなどリスクマネジメントをしてください。

 

パパ活中盤のポイント

身に着けるものをグレードアップしてみせる

パパの競争心・嫉妬心を煽る

 


クリスマス・誕生日について

言わずもがな、クリスマスや誕生日は普段より高価なプレゼントをもらう絶好の機会です。それらのイベントまでにプレゼントをもらえるように環境を整えておくことが大事です。また、イベントのタイミングでプレゼントのグレードアップを狙うのも良いでしょう。

誕生日は、お互い把握していない場合は自分の誕生日が近くなった時に話せばよいでしょう。バレバレですが、相手の誕生日を聞く体裁で話をすればいいと思います。

パパの誕生日やクリスマスなど、こちらからのプレゼントは、パパが既婚者の場合は形に残らないものの方が良いです。ある程度信頼関係ができているなら、お菓子かお酒などをプレゼントし、二人でホテルなどで食べてしまうのが良いと思います。

ちなみに、誕生日は個人情報を隠すために偽るのならば問題ないのですが、都合よくプレゼントをもらうために偽った場合は違法性が出てきます。例えば、今が8月だとして、今会ったパパに誕生日プレゼントをもらうために、本来は7月生まれなのに9月だと嘘をついた場合、プレゼントをだまし取るための悪意ある嘘つまり不法行為であるとみなされる可能性があります。数万円程度ならば大事にはならなくても数十万円を超えてくると、もしトラブルになった時に責任を追及される羽目になるでしょう。

あまり信頼できない間柄で高額すぎるプレゼントをもらうのもリスクがあります。

 


プレゼントの考え方については各人の関係性で流動的に変わってきます。一概には言えませんが基本的な戦略をまとめてみました。ケースバイケースでアレンジしながら参考にしていただければと思います。